今すぐ編集長おすすめインナーボールを見る

 

「インナーボールってどうやって使うのかな?」

「インナーボールを使う意味はあるのかな?」

「インナーボールってどんな種類があるのかな?」

 

膣の引き締めに興味がある人は、存在は知っている!という人が多い「インナーボール」

「インナーボール」とは、膣の筋トレをするための器具です。
パートナーとのSEXで相手が満足しているか不安だったり、尿漏れやお湯漏れなどの改善に行う「膣圧トレーニング」を効率良く行うための筋トレ器具を指します。

パートナーとのセックスで自分の膣圧に自信がない時や、日常的に尿漏れやお湯漏れなどに悩んでいる人はどうしたら膣締めが出来るか悩みますよね。

そんなとき、インナーボールを持っているとスキマ時間に膣トレが出来て効果大なんです (^^)

というわけで、今回はインナーボールについて解説していきたいと思います!

実は私も膣圧に悩む30代。
出産後から膣圧が気になっています。くしゃみをすると尿漏れしちゃうし、パートナーとのセックスも少し気になるところです。

色々なインナーボールやラブグッツを試してみましたが、メインで使っているインナーボールは2つ。残りのインナーボールはタンスの肥やしになってしまっています。

実際に使ってみると、メインで使うものと使い勝手が悪いもので分かれちゃっているんです。そのインナーボールが使いやすいか、効果的かって使ってみないと分からなかったりするんですよね・・。

あとは、あなたの膣圧具合によってベストなインナーボールは変わってきます。
たとえば、病院に行こうか迷っているくらい膣圧に悩んでいる場合だと「振動無し」の集中型インナーボールがよかったり、まだ実感はないけれどそろそろ予防したい場合だと「振動あり」でラブグッツとして楽しみながら使うのがよかったりするんです。

こういったことって、インナーボールを使ってみて初めて分かるんですよね。
どのインナーボールも一緒ってことはないんです。

とはいえ、インナーボールってデリケートなグッツなだけに教えてくれる人はなかなかいない。
私のようなインナーボールで悩む人は絶対に見たくない・・><;

というわけで今回、私がインナーボールの選び方を教えていきたいと思います!

まず、記事の前半ではインナーボール選びで失敗してしまうケースや、正しい選び方をお教えします。

そして、後半では、「このインナーボールさえあれば大丈夫!」というおすすめボールを紹介します。

インナーボール選びで悩む人は読んでもらいたい記事になっているので、最後まで目を通してみてくださいね。

インナーボールとは、膣圧トレーニングに効果的な筋トレグッツのこと

まずは、インナーボールの基礎知識を書いていきますね。

先ほど私は、「インナーボール」とは、膣の筋トレをするための器具のことだとお話しました。
パートナーとのSEXで相手が満足しているか不安だったり、尿漏れやお湯漏れなどの改善に行う時に効率的なのが、インナーボールです。

たとえば、パートナーとのSEXや、尿漏れで悩んでいる人は沢山います。
つらい悩みですよね・・。

膣圧がゆるくなるとどうなるか書き出してみますね・・。

  1. SEXに自信がなくなる
  2. 不感症になる
  3. 彼・夫の遅漏に悩む
  4. 彼・夫の
  5. 尿漏れしやすい体になる
  6. お風呂に入っただけでお湯が出てくる(お湯漏れ)
  7. 子宮が膣から出てしまう(子宮脱)
  8. 月経前症候群
  9. 骨盤低筋のゆるみでポッコリお腹になる

うぅ~。こんなにたくさんのデメリットがあるんですね・・・!

膣圧に悩む前は、これだけのデメリットがあるなんて思わないですよね^^;
少しでも当てはまる人は、膣圧トレーニングを始めたほうがいいんです。

ちなみに、人それぞれ合うインナーボールが変わってきます。
たとえば、不感症や性生活の悩みならラブグッツの代わりにもなるような振動があると良いと思います。
一方、尿漏れ・お湯漏れなどの症状を改善・防止したいならわざわざ振動ありでトレーニングする必要はありません。

インナーボールは、あなたの悩みで選ぶと失敗することはなくなりそうですよね。

では、つづけてインナーボールを必要とする人をお教えします。
実はインナーボールって、必ず買わないとトレーニングが出来ない!というわけではありません。
というのも、膣に力を入れる事が出来るなら自力でトレーニングができちゃうからです。

インナーボールは必要?必ずしも必要ではありません。

先ほど、インナーボールは自力でトレーニングができるとお話しましたね^^

ぶっちゃけ、自分自身でトレーニングすることが出来るなら器具を使わなくても十分です。

ただ、ひとつ注意してほしいのは、インナーボールは効率重視・早く効果を出したい人には必須だということです。

たとえば、この記事を読んでいる今、試してみてください。

自分で膣に力をいれて、30秒間キープしてみてください。

できますか?

インナーボールが無くても力の入れ方が分かる!という人は、まずは自分で頑張ってみてもいいかもしれませんね。

とはいえ、「なんだか、良く分からない。」という方や、「いつの間にか力が抜けていた。」という人がが多いと思います。

そんな人には、インナーボールがとっても効果的&効率的なんです^^


さて、ここからはインナーボールについてさらに掘り下げていきたいと思います。

ここまで読んでみて、「インナーボールってどんな種類があるの?」と思った人に向けて、まずは、インナーボールの基本的な選び方を伝授していきたいと思います。

失敗しないインナーボールの選び方

インナーボールには2つのタイプがあります。

1、振動なしの集中タイプ
2、
振動ありのラブグッツタイプ

それぞれ、メリットとデメリットがあります。

まずはそのことについて解説したいと思います。

振動なし集中インナーボールのメリット・デメリット

インナーボールと言えば、振動なしが定番です。

「ゲイシャボール」としても、「膣トレボール」とも知られています。

膣トレ初心者さんは振動なしのインナーボールを選ぶ人が多くいます。

●メリット

  • シンプルだからトレーニングに集中できる
  • 丸洗い出来てラク
  • 値段が安い
  • お風呂場でも使える

●デメリット

  • 用途はトレーニングのみに限る

振動ありラブグッツのメリット・デメリット

膣圧トレーニングが流行りだしてからは、ラブグッツとしても使え、トレーニング器具としても使えるインナーボールが増えています。
振動ありだと、パートナーと使うのにも使えるのでマンネリ対策にも効果的ですね。

また、振動ありの中にはスマホと連動できるものもあります。次世代型インナーボールということでラブグッツとしても人気があります。

●メリット

  • ラブグッツとして使える
  • 1人でも、パートナーと一緒にも使える
  • 膣内の感度を上げるのにも効果的
  • スマホとの連動だと操作がラク

●デメリット

  • 値段が高い
  • 使用後のケアに時間がかかる
  • お風呂場では使えない(使わないほうが良い)

どうでしょうか?

それぞれ、メリット・デメリットを知った上で自分の好きなインナーボールを選んでみよう!と思っていると思います。

少しお待ちを。

インナーボールって、シンプルですが適当に選ぶと失敗するケースもたくさんあります。

そこで、ここからはインナーボール選びで失敗してしまうケースを紹介します。

インナーボール選びで失敗してしまうケースとは

今、お伝えしましたが、インナーボール選びで失敗すると、使わないままタンスの肥やしになってしまいます。

そうならないためにも、失敗するケースについて知っておく事はとても重要なんです^^

実際に私が体験した失敗談を紹介していきますね。

【サイズ】を適当に選んで失敗するケース

インナーボールは、小さいサイズから、大きいサイズまでのサイズが存在します。

大きすぎるサイズを買ってしまった場合、「膣に入れようとすると痛くて入らない!」ということが起こります。
そうなると、そもそも、トレーニングが出来ない!ということが起こります。

逆に小さすぎるサイズを買ってしまった場合、「膣内に入れてもすぐ落ちる!」「力を入れても落ちてくる!」と、小さすぎる場合もトレーニングが出来ない!いうことが起こってしまいます。

【重さ】を適当に選んで失敗するケース

インナーボールは重さが重要です。
ボール自体の重さで、膣圧トレーニングをするので重ければ重いほどトレーニングになります。

しかし、重ければ重いほど上級者向けです。

まずは、標準の重さのインナーボールから初めてみるのが一番無難です。

【素材】を知らずに失敗するケース

インナーボールは、代用がききません。

というのも、デリケートな部分に挿入するとあって、医療用シリコンを使用しているものでないと不安だからです。

たまに見かけるのが、日用品や、お菓子のプラスチック容器で代用している!というもの。
間違っても普通のプラスチック製の何かを代用品にしようと考えないようにしてください。デリケートな部分に挿入するのですから、自分自身の身体にはいたわりを持ちましょう。

【海外産】で失敗するケース

これは実は結構重要です。

私が最初に購入したインナーボールは海外産でした。

というのも、インナーボールは元々海外で流行したいたので、海外産しか無かったのです^^;

すると、

  1. 英語で説明書が読めない
  2. 海外産は信頼度が低くて不安
  3. そもそも、日本人女性のサイズで作られていない

と、失敗してしまったんです。

英語で説明書が読めないのはとても辛いものがありました。初心者なので説明書はじっくりと見たいですよね。それなのに、完全に英語だから説明書が読めない。
さらに、海外産ということで素材も分からず、どこで生産されているのかも分からず不安だらけ。

そして、日本人女性のサイズとして作られていないので、とっても大きかったり、とっても振動が強かったりしました。

海外産も購入する時は、上級者向けだな。と私は思いました。

1、サイズや、重さを軽視せずに自分で測ってみる

2、日本産が安心!失敗したくないなら国産を選ぼう!

編集長が選んだオススメのインナーボール

さくらの恋猫-雑誌

当サイト編集長が使ってみて良かった!と思えるインナーボールを紹介していきます。

今回紹介するインナーボールは、私がリアルに使っている膣トレに最適だな。と思えるインナーボールです。

条件もそろっているので、初心者さんにおすすめできるグッツとなっています。

デリケートパックと一緒に膣のケア!引き締め効果でセックスの不安を解消!LCインナーボール

LCインナーボール

単品2,200円(税別)
セット5,328円(税別)

サイズ ボール部分3.4㎝ 全体8.6㎝
素材 エラストマー素材
販売国 日本

・インナーボール 振動なし 日本人用

・ジャムウデリケートパック ・医療用シリコン

・丸洗い可能 ・AmazonPay可 ・お風呂場OK

≫ジャムウデリケートパックとの相性良し!ローション代わりに使うと臭い対策にもなるよ!

ラブグッツと、トレーニング両方の用途で使える!振動ありのさくらの恋猫ぬくぬく

さくらの恋猫

¥6,610(税別)

サイズ ボール部分3.1cm 全体10.8cm
素材 エラストマー素材
販売国 日本

・インナーボールタイプ ・ラブグッツ ・日本人用

・スマホ連動可 ・医療法シリコン

・丸洗い不可 ・AmazonPay可 ・お風呂場不可

・LCシンクロと連動可

男性用オナホールLCシンクロと連動可能!マンネリ対策に良いかも。